HOME>特集>しっかりとした福利厚生があるので安心です

勤勉が一番

働き方改革の推進によって、派遣社員の在り方が大きく変わって来ています。まず大きいのが、介護の現場における介護福祉士の存在です。介護のエキスパートですし、利用者にとっては頼もしい存在です。正規雇用の道も開かれています。

まずは登録から

派遣で介護福祉士の仕事を探すなら、まずは登録をしなければなりません。履歴書と職務経歴書をしっかりと書いて、面接において情熱を伝えることが大切です。一旦登録をしておけば、希望に沿う職場を斡旋してくれます。無論、希望に沿ってなければ断ることも出来ます。即戦力として働ける人材であれば、現場は重宝してくれるのではないでしょうか。派遣会社にはコーディネーターがいて、様々なトラブルが起きた時に力になってくれます。

責任感を持つ

例え最初は派遣社員であっても、勤務態度が認められると正社員として働くことが出来ます。入院患者や利用者さんに丁寧に接して、身だしなみにも気を配るようにして下さい。全国の福祉施設においては、慢性的な介護福祉士の不足が起きています。賃金等の条件も上がってきていて、長く続けられる環境にあります。日本の超高齢化社会を見据えると、担い手としてやりがいのある仕事です。

広告募集中