HOME>イチオシ情報>3つの種類の働き方で希望通りの仕事を探す

3つの働き方

女性

介護福祉士の働き方には正社員やパート等がありますが、高時給で残業なしで働きたい人は派遣が向いています。この働き方には登録型、常用型、紹介予定の3つの種類があり登録型が一般的なタイプで仕事の数も多く、派遣会社に登録したら希望する条件の職場を探してもらう事ができます。常用型は派遣会社と雇用契約を結び派遣会社の契約社員になるタイプで、紹介予定とは派遣先に正社員や契約社員として採用されることが前提として働くタイプになります。一定期間働き、双方の同意があれば正社員や契約社員として雇用契約を結びます。このように3つの種類があるので、それぞれをよく理解して自分にあった働き方を選びましょう。

この働き方の良い所

女性

正社員やパートで介護福祉士の求人を探したり、希望の条件がある場合には自分で交渉しなければなりませんが、派遣なら自分の希望を伝えるたけで派遣会社が希望に合った仕事を探してくれます。条件の交渉は自分では言いづらいものですが、派遣会社が代わって行ってくれるため希望に近い条件で働く事ができます。また無資格や未経験でも働く事ができる、介護資格取得のサポートをしてくれる会社もある、派遣なら期間を決めて働く事ができるので、短期間でたくさんの職場を体験する事ができます。このように派遣を選ぶと、たくさん良い事があります。

信頼できる会社選び

女性

自分の希望にあった仕事を探してもらうには、信頼できる派遣会社選びと優秀なコーディネーターに出会う事が大切になります。派遣会社を選ぶ時には厚生労働省の認可を受けているか、介護業界に特化した派遣会社であるか、社員に人材派遣の知識やマナーがあるか確認しましょう。厚生労働省の認可を受けているかどうかはホームページやパンフレットなどに許可番号があるか確認し、介護業界に特化した会社ならコーディネーターが介護福祉士の資格保持者の場合があります。

広告募集中